難聴 耳鳴り サプリメント

注目の成分!アスタキサンチン

医者

 

国立京都国際会館で行われた、アスタリールシンポジウムにおきまして、広島大学病院 工田昌也先生が、難聴に関するアスタキサンチンの可能性を説明されておりました。

 

アスタキサンチンは他の抗酸化物質よりもより高い治療効果がしめされているということでした。

 

また、この学会では、各界の研究者の先生方がデータを持ち寄り、非常に多岐にわたる内容が発表されました。難聴はもちろんのこと、筋肉・ドライマウス・眼精疲労・美肌や美白・育毛・糖尿病・更年期障害・脂肪肝・心疾患・動脈硬化・前立腺肥大など。

 

このように、いま全世界で注目されている成分がアスタキサンチンなのです!

耳鳴りも伴う難聴におすすめのサプリメントランキング

世界が認めた注目の有効成分『アスタキサンチン』を高配合! 「太陽の恵み」は、耳鳴り・難聴・更年期の症状の予防・改善を目的としたサプリメントで赤ワインの100倍〜300倍ものポリフェノールを含む赤ブドウ葉や、オレウロペインを豊富に含むオリーブ葉が、抗酸化力をサポートします。ご購入者されたお客様からは、日々、喜びや感謝のお言葉を沢山頂いております。

公式ページはこちら

静命漢方堂 比較的若い人が発症するストレスによる難聴に向いている商品です。突発性難聴や心因性難聴、低音障害型突発難聴、メニエール病など。

公式ページはこちら

花菜の厳選蜂の子 こちらは耳鳴りを改善したい方におすすめです。難聴の方にはおすすめ致しません。

公式ページはこちら

美聴泉

こちらも耳鳴りを改善したい方にはおすすめしますが、難聴の方にはおすすめしません。

公式ページはこちら

ハチの子800

難聴というよりは、耳鳴りの方におすすめですね。

公式ページはこちら

アスタキサンチンの効果

年をとっても若々しくありたいという時は、アスタキサンチンを摂取するといいと言われています。

 

サプリメントでアスタキサンチンを摂取することで、難聴のほかにも、体重を減らしやすくしたり、お肌の弾力を高めたりという効果が期待されています。

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、細胞内部にまで作用するものであり、ビタミンEや、βカロテンの抗酸化力の高さとは、少し違っています。

 

眼精疲労の解消や、脳の働きを活性化する作用がアスタキサンチンにあると言われているのは、この細胞膜を通す性質からです。

 

1日につき3mg〜6mgのアスタキサンチンを食べると体にいいと言われていますが、食材にするとエビ10匹、紅鮭の切り身2つ分です。

 

アスタキサンチンの摂取だけを考えれば、毎日紅鮭を食べるという方法もありますが、それでは塩分を多く摂り過ぎてしまうというネックがあります。

 

しょっぱいものばかり食べていると、高血圧の原因になります。

 

醤油や塩は、魚介類を食べる時に使う頻度が多いものであり、塩分を減らしたいという時には難しい命題です。

 

サプリメントを利用するメリットは、目的となる栄養素以外の成分を過剰に摂りすぎることなく、栄養補給ができることです。

 

朝晩にサプリメントを飲む習慣をつけることで、飲んでから7時間後から効果を及ぼすようになるアスタキサンチンの効果を均等にしていられます。

 

朝食と、夕食の、食べている時か、食べ終わってからに、アスタキサンチンのサプリメントを使うという飲み方がおすすめです。

 

胃が消化活動をしている時に、アスタキサンチンを一緒に入れることで、油に溶けやすいアスタキサンチンの消化を助けることが可能になります。

なぜ、難聴に耳鳴りが伴う?

難聴と耳鳴りは同時に起こることが多いと言われています。慶応義塾大学病院によると、耳鳴りがある方の90%に難聴が生じていて、難聴の方が耳鳴りを伴うのは約50%だそうです。

 

ですから、難聴に耳鳴りが伴うのは珍しいことではありません

 

難聴は、

  • 外耳や中耳の障害で生じる場合は伝音難聴
  • 内耳や聴神経、脳の障害により生じる場合は感音難聴

に区別されています。

 

耳鳴りは、
内耳の障害により生じることが多いとされています。

 

ですから、内耳周辺の器官が冒されて難聴に耳鳴りが伴うようになるのです。

耳鳴りが伴う難聴の種類

片方の耳で起こる

  • 突発性難聴
  • メニエール病
  • 聴神経腫瘍
  • 外リンパ瘻
  • 耳管狭窄症
  • 外耳炎、中耳炎、内耳炎
  • 耳垢栓塞
  • 耳硬化症

 

両方の耳で起こる

  • 老人性難聴
  • 音響外傷騒音性難聴

 

⇒ アスタキサンチン高配合 『太陽の恵み』 公式サイトはこちら

耳鳴りや難聴のサプリメントや健康食品

サプリメントや健康食品が、日本でもブームになっているようです。

 

よくドラックストアなどでも見かけますし、インターネットの通信販売などでもさまざまな耳鳴りや難聴のサプリメントや健康食品が購入できます。

 

耳鳴りや難聴のサプリメントをその形状から医薬品だと思う人も中にはいるようですが、分類上では栄養補助食品となっているのがサプリメントです。

 

サプリメントの一種と位置付けされているのは、健康食品なども同じです。

 

栄養補助食品は最近、複数の栄養素が1錠に配合され、いろいろとその効能もあるようです。

 

興味があっても、どんな耳鳴りや難聴のサプリメントを購入すればよいのか迷ってしまう人も多いようです。

 

基本的食品である耳鳴りや難聴のサプリメントは、ほとんど副作用などはどれを選んでも無いようですが、あえてあげるとするならば、選ぶポイントはそのサプリメントの主成分だといえるでしょう。

 

何の栄養成分が多く含まれているかが商品選択のポイントになるのは、普段の食事で不足している栄養分をサプリメントや健康食品等で補うのが本来の利用方法だからです。

 

その一例として、野菜が日々不足がちな人には、ビタミン系を中心にしたサプリメントが良いでしょう。

 

コラーゲンなど肌にはりと潤いを与える美容成分を多く含む商品も美肌効果を望むのであればおすすめです。

 

栄養をたくさん摂取すればするほど、体にいいと考えがちですが、摂り過ぎると健康を害することも考えられます。

 

いつもの食事の栄養バランスを無視して、過剰に健康食品に頼って摂取するのはおすすめできません。

 

基本は普段の食べ物から栄養を摂取することです。食事の栄養バランスが日常的に取れてこそ、健康な体を維持することが可能となるでしょう。

 

耳鳴りや難聴のサプリメントは耳の健康維持に役立つとされるものですが、上手に栄養を摂取するためにも、あくまでも補助的なものとして考えていきましょう。

難聴や耳鳴りのサプリメントの販売

サプリメント販売店が増えています。

 

難聴や耳鳴りだけでなく、最近ではネット通販でもサプリメントは販売されており、多くの人が購入しているといいます。

 

購入者が迷ってしまうほど様々なサプリメントが店頭に並んでおり、各社が競ってサプリメントを開発、販売しているようです。

 

難聴や耳鳴りのサプリメントは購入しやすくなり、身近な存在になりました。

 

サプリメント自体の種類が増えたことで、買う側も自分に合うサプリメントは何かを、きちんと判断して上で使う必要が出ています。

 

サプリメントとの相性は、購入に踏み切る時に最も気になる点でしょう。

 

日本では、サプリメントは栄養補助食品あるいは健康補助食品という分類をされているようです。

 

成分表示はできても、明確な効果効能の表示が許されていません。

 

もしも気になるサプリメントの難聴や耳鳴りへの影響を確認したいなら、サプリメント店に問い合わせるか、パッケージの説明に注目するか、他の方法で事前に情報をを集めてくことです。

 

サプリメントを選ぶ時は、どれが一番いいかをいつも決めかねてしまうという人は少なくありません。

 

難聴や耳鳴りに効果があると思ってサプリメントを購入しても、薬とは違って即効性は期待できません。

 

有る程度の期間、利用し続けなければならない場合もあります。

 

難聴や耳鳴りのサプリメントを買う時は、店舗スタッフなど売る側の人の意見を聞いたり、情報を収集するという必要があります。